スタッフ紹介

院長プロフィール

院長 丹谷 聖一   ごあいさつはこちらから

・厚生省認可
社団法人 日本歯科先端技術研究所 学術委員会委員
・インプラントフェロー認定
・ハーバード歯科医学校
Continuing Education サーティフィケート授与
・臨床研修指導医・ICOI国際インプラント学会認定医
・5-DJapan アドバンスコース第7期 第1回・第10回
・OBI Japan Level 2 course session 1
・OBI Japan Level 2 course session 2
・OBI Japan Level 2 course session 3
・北海道形成歯科研究会サマーミーティング ケースプレゼンテーション
・第45回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 ケースプレゼンテーション
・5-DJapan デンチャーコース第1期 第1回・第3回
・ICOI国際インプラント学会指導医
・コロンビア大学&ICOIインプラントコース受講
・Dr.Paiti (前ICOI国際インプラント学会会長)のプライベートクリニック(ドイツバーデンバーデン)にてインプラントオペ研修
・グアテマラ UFM大学にてサイナスリフトオペ研修・ケースプレゼンテーション
・ICOI国際インプラント学会 アジア太平洋大会(カンボジア)出席
・ICOI国際インプラント学会 日本エリア支部長任命
職歴
平成11年~
医療法人社団富岳会
メトロポリタンアルプス歯科勤務


平成12年~
医療法人社団タカラ会
恵比寿ガーデンプレイスタカラデンタルクリニック勤務


平成13年~
新宿アルプス歯科医院勤務

平成18年~
医療法人社団樹英会
ラゾーナ川崎デンタルクリニック勤務


平成21年12月~
アス横浜歯科クリニック開業

平成24年1月~
医療法人社団 聖礼会として法人化


院長丹谷聖一による症例集



shouhuu.png



歯科専門誌 「デンタルエコー」に掲載されました
株式会社松風の「デンタルエコー」にハイブリッド型硬質レジンの位置づけと実際の手法に関して詳細な手法解説とコーヌスクローネなどの症例を15ページにわたり掲載いたしました。


メディア掲載情報

補綴臨床 2015年1月号

補綴臨床 2015年1月号PDFダウンロード

日本の人口比率における高齢者の数が増加傾向にある以上は、歯科医院を訪れる患者さんの高齢者比率も上がっていること そしてさらに上がっていくことは確かだと思います。
例えば、 高齢者ならではの対応方法や 環境面な ど多岐にわたりますが、治療内容に焦点を絞るのであれば、多様性に尽きるのではないかと思います。
歯牙の欠損部位、状態、また残存歯の予知性、それらに伴う顎位の水平的および垂直的変化、欠損のできるまでの口腔内の変遷を含めた考察は必至であり、 さらに常 備薬を含めた患者さんの全身疾患の考察などをほぼ全てのケースにおいて求められると言っても過言ではなく、大きな変化が生じています。
補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床


補綴臨床 2014年9月号

歯科技工 2014年10月号-対談- PDFダウンロード
歯科技工 2014年10月号-症例- PDFダウンロード

私のイメージとしては、最終義歯を作製する一連の流れの中で、特に大切な部分を重点的に行っている感じです。
そして、診断用義歯は一日で作らなければならないものではありませんから、個々のケースの事情に応じて何回かに分けて作って いくこともあります.例えば、多数歯抜歯のケースで、残存歯周囲の骨隆起が著しかった場合などは,「第二次(最終)診断用義歯」を新たに作製することもあります。
もちろん、そこには最初の診断用義歯の形も反映させるわけです。何より、診断用義歯を用いたシミュレーションで目指すべきものは、「形」そのものです。
補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床 補綴臨床


症例写真


矯正専門医 池田
歯並びが良くないことは、見た目が悪いばかりでなく、発声がしづらかったり、歯が磨きづらかったりします。
そのため虫歯や歯周病になりやすかったりします。時にはかみ合わせが悪いため肩こりや頭痛の原因にさえなりえます。
矯正治療は見た目を美しくするばかりでなく、全身的な機能改善にもつながっています。
当歯科クリニックではお子様から成人まで、あらゆる年齢層の方の矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を持つ日本矯正学会認定医が対応させていただきます。
また、当歯科クリニックの特色として従来からの歯の表に装置をつける矯正から、歯の裏、あるいは透明で目立たなく取り外しができるマウスピースによる矯正まで、患者様のご要望と歯並びの状態に合わせて矯正装置を選択できます。


一般歯科・口腔外科・小児歯科 加藤
実は私も子供のころから(今でも)歯の治療がこわくて大嫌いなのです。とにかくこわいのです。
歯を削る音も爪が浮きそうですし、口に溜まる水も苦しいですし、削りかすも飛んで来て欲しくないです。
骨に響くのもゾッとします。麻酔注射をされるのもとてもこわいです。歯科医師の私でもこんな惨状ですから、小さなお子様ならなおのこと歯科医院が嫌いなのは、手にとるようにわかります。
当院では、小さなお子様には歯の治療よりも歯科医院に慣れてもらうこと、歯科医師とお友達になってもらうことから始めます。子供の頃から歯科医院に慣れてもらい、定期的なチェックを受けることが、生涯自分の歯で噛んで、会話するための近道です。
当院では小児担当医がお子様の対応をさせていただきます。


小児担当医 平山


一般・小児歯科・口腔外科 綠野


歯科医院のイメージとして多くの方が【怖い】などのマイナスイメージを思い描くのではないでしょうか? 【怖い】というのは、痛みなどの経験から思うことも多いですが、自分の口の中で何をされているのか分からないという不安から思うことも多いと思います。 私自身、『未知のもの=怖いもの』という事が非常に多いです。 そのため、1つでも皆様の不安を解消すべく、病状及び治療内容の説明に力を入れて診療を行っていきますので、来院された際はどんな小さなことでも気軽に尋ねてください。


一般歯科 古屋


一般歯科 山本


一般歯科 岡本


歯科衛生士 荒木


歯科衛生士 小熊


歯科衛生士 村瀬


受付・歯科助手 新田


歯科助手 吉田


歯科助手 町田


歯科助手 前田


歯科助手 向平


事務 藤巻
  

医療法人社団 聖礼会

アス横浜歯科クリニック

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

TEL 045-743-0896

FAX 045-743-0897

診療時間

月・火・水・金・土 10:00~21:00

日・祝 10:00~18:00

木・祝 休診日

井土ヶ谷マルエツ駐車場90分無料

インプラントセンター ICOI Diplomate 日本口腔インプラント学会 歯科医師臨床研修制度 日本歯科審美学会 南区歯科医師会 インプラントセンター 歯医者View