Q&A

Q : 歯を磨いているのに虫歯になるのはなぜですか?

A :確かに一日に何度も歯を磨いても、人によっては虫歯になってしまいます。

日常の歯磨きでは、磨きにくい場所があるということもあるでしょう。
しかし、実は日頃の歯磨きでは全てのよごれを取り除くことはできていないんです。
「予防歯科」という診療を聞いたことがありますでしょうか。
予防歯科は、日頃の歯磨きでは落としきれないよごれをプロの手できれいに取り除く診療です。
むし歯の原因となるミュータンス菌や、ラクトバチラス菌などが作っているバイオフィルム(細菌の膜)を破壊し、むし歯、歯周病の原因を極限まで排除します。
これが、通常の歯磨きではできないことなのです。
むし歯や歯周病を予防するために歯をきれいに磨いているつもりでも、定期的な通院をおすすめします。

Q :冷たいものや、熱いものでしみるのですが虫歯ですか?

A :冷たい飲み物などでしみるときは、虫歯や、初期の炎症が考えられます。

もし、熱いもので痛みを感じるようになってきた場合、むし歯の原因となる細菌が奥まで進んでしまっている可能性が考えられます。
一度、歯科医院で検査をしてもらうことをおすすめします。

Q : 虫歯が全身の病気につながるって本当ですか?

A:虫歯と歯周病は細菌感染症です。

虫歯の菌が心臓病や糖尿病、胃腸障害などの病気の発症や進行に大きな影響を与えることもわかっています。
皆さんの食生活だけでなく、幸せな生活をお送りいただくために、できる限りお口の環境に興味を持っていただければと思います。
虫歯や歯周病の細菌が口の中だけでなく生命の危機につながる、全身の健康に影響が有ることは確実です。

Q : 自分でも歯周病を見つけられますか?

A :以下の点にあてはまる方は早めに歯科医院へ行ってください。

・歯茎から出血がある
・口臭がある
・歯茎が赤く腫れている
・歯ぐきの形が変わり、歯と歯の間に隙間ができたり、歯の根が見えてきている
・歯がグラグラする
・歯茎が痛い、かゆい

Q :ホワイトニングは専用の薬剤を使うそうですが、どんな薬剤ですか?

A:消毒で利用するオキシドールに含まれている成分と同じです。

ホワイトニングで使用する薬剤は過酸化水素や過酸化尿素を弱酸性に調整したものです。
論文も出されていますが、安全性も保証されていますので、ご安心ください。

Q :なぜインプラントをするのですか?

A:歯がなくなった時に、そのまま何もしないと、抜けた歯の周囲にある歯が傾いてしまったりします。

歯がなくなってしまったときは、早期の治療が大事です。
従来ではブリッジ、入れ歯という方法がありましたが、この2つは周りの歯が健康でも、それを削る必要があったのです。
インプラントは周りの健康な歯を傷つけることなく治療が行えます。

Q :骨がやせているのですが、インプラント治療は可能ですか?

A:インプラント治療は長さ10mm~15mm、太さが4mm前後のチタン製のネジ形態の
インプラント(人工歯根)を顎の骨の中に埋め込む治療法です。

そのインプラントを支えるだけの十分な骨が必要です。
骨の移植により、インプラントに必要な骨を確保します。

  

医療法人社団 聖礼会

アス横浜歯科クリニック

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

TEL 045-743-0896

FAX 045-743-0897

診療時間

月・火・水・金・土 10:00~21:00

日・祝 10:00~18:00

木・祝 休診日

井土ヶ谷マルエツ駐車場90分無料

インプラントセンター ICOI Diplomate 日本口腔インプラント学会 歯科医師臨床研修制度 日本歯科審美学会 南区歯科医師会 インプラントセンター 歯医者View